BUBUKAの靴ができるまで

1 木型(ラスト)作成 

           らすと.jpg

靴作りは木型を作るところから始まり、とても重要な工程です。BUBUKAが掲げる”舞い歩く履き心地”を実現するために削って作成しています。わずか数ミリ削るだけで履き心地が大きく変わるので、美しいフォルムと履き心地の良さの両方を兼ね備えた靴になるよう何度も試行錯誤を繰り返します。BUBUKAでは、様々な形の木型があります。そのすべてに自信があり、最高の靴になるよう設計されています。

 

2 紙型作成

     image2.jpeg

 

紙型作りは靴のデザインを決める工程です。まず、靴のデザインを木型に描きます。そのデザインに合わせて紙型を裁てていくのですが、立体から平面へと写していくのはとても難しい作業です。

出来上がった紙型でサンプルの靴を作り、実際に履いて履き心地やデザインを確かめる、という作業を何度も繰り返し紙型が作られています。

 

3 裁断

            裁断.jpg

 

完成した紙型を寸伸ばしして、サイズごとの大きさに合わせて作った鏨(たがね)の型で革を裁断しています。この際に気を付けていることは、天然革は一枚ごとに個性がありキズやシワなどがあります。また革にも伸びる方向と伸びない方向があるので、しっかり見て判断し綺麗なところだけを裁断しています。

 

4 製甲(アッパー)作成

     bb.jpg

 

・漉き(すき)工程

 

漉きとは、革を薄くする作業のことで、折り込み漉き・貼り込み漉き・縫い割り漉きの3種類があります。用途に分けて革を漉く厚さ・幅を変えて、革漉き機で一定になるよう漉きます。

 

・糊びき工程

 

折り込み部分や貼り合わせ部分にゴム糊(革に使われる接着剤)を塗って革を貼り合わせていきます。カーブの部分は細かく包丁で切り込みを入れて、補強テープを貼ってから折り返していきます。

こうした負荷が掛かる部分には補強テープを貼り、伸びたり裂けたりしないようにしています。この糊びき作業は縫製前の仮止めのような意味を持ちます。

 

・縫い割り、縫製工程

 

かかとの部分をミシンで縫い合わせます。縫い合わせた後に、補強テープ貼り、縫い割り部分が平らになるようにたたきます。ここでしっかりたたくことで、靴のかかとが弧を描き綺麗に仕上がります。最後に裏材と合わせて、すべてのパーツをミシンで縫製してアッパーが完成します。

 

5 釣り込み・底付け工程

    cc.jpg

   a.jpg

 

中底を木型に固定し、中底とアッパーの釣り込み部分にゴム糊を塗ります。次に、アッパーのつま先に先芯、かかとにはカウンターを入れます。そして、アッパーを木型に被せトーラスターという機械でつま先を成形します。あとは、職人の手によってアッパーを引っ張り釣り込んでいきます。

釣り込んだアッパーのかかとを固定するために機械で均等になるように釘をうちます。この釘は、中底を貫通して木型にあたると先が折れるようになっていて固定されます。釣り込んだアッパーの余分な革をグラインダーで擦り落とした後、強力な接着糊を中底と本底に塗り、貼り合わせます。

本底がはがれないように機械で圧着して、木型にフィットさせるために1日おいてから木型から外します。外した後、機械でヒール部分に釘を打ち込んで工程がようやく終わります。

 

6 仕上げ・検品工程

         unn.jpg

 前に説明したように、天然革は一枚ごとに個性があり状態も様々です。仕上げでは、熱風機をあてることによって革のシワが伸び、綺麗なハリツヤのある靴になります。他にも、汚れやキズがないかを細部までチェックし、装飾品や靴ひもなどとつけて中敷きを敷きます。最後にもう一度、釘がでていないかなど一足一足、入念に確認したのち箱に詰めて完成です。